2006年12月03日

プロフェッショナルマネジャー

かつての巨大コングロマリット米ITTの社長兼CEO(最高経営責任者)として58四半期連続増益を遂げたハロルド・ジェニーン氏の経営論。

1985年刊行のものを復刊した。

経営の教科書にしている柳井正ファーストリテイリング会長兼CEOが解説を加える。
 

ジェニーン氏は「本を読む時は、初めから終わりへと読む。ビジネスの経営はそれとは逆だ。終わりから始めて、そこへ到達するためにできる限りのことをする」と説く。

同氏はITTで、どんな状況でも収益を年に10~15%増やすことを目標とし、実現した。

現実的な目的を定めることで、そのゴールに行き着くためにすべきことがはっきりする。

自分は何をやりたいのかをしっかり見定め、それをやり始めることが重要だと強調する。

 
ITTでは基本ポリシーの1つとして、「びっくりさせるな!(ノー・サプライズ)」と説いた。

企業でびっくりさせられることとはほとんどが良くないことである。

問題を発見し対処するのが早いほど解決は容易になる。

手遅れにならないうちに状況に対処することが重要だ。

「トップマネジメントが当然すべき仕事をしながら机の上をきれいにしておくことは不可能」

「企業家精神は大きな公開会社の哲学とは相反する」など、独自の視点で興味深い。


どんな本よりも、経営者とはどうあるべきか、経営とは何か、経営とは具体的にはどうすることなのか?

ある人物伝でもあり、小説のような趣向もあり、とても実になり、手応えもあり、楽しめる一石二鳥の本であると思う。

大人の男のにおいのする本であるとも言える。




プロフェッショナルマネジャー






プロフェッショナルマネジャー











仕事の達人になる方法(サイト版)

極める!「ホーライ・ブックセンター」

心地よさの先にある「ホーライ・音楽ショップ」

音楽が無ければ始まらない

ネットショップを横断する「ホーライ総合ショッピングモール」

ホーライのお奨めビジネスグッズ・ビジネスツール・ビジネス情報(本店)

ホーライ総合情報・サービスショップ(本店)

架空の製薬会社「ホーライ製薬」
posted by ホーライ at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。